同時通訳パウエル議長FOMC記者会見 日本語同時超訳生放送)日本一早い米国株市場概況|特別編|朝4:15ごろから開始 本編は16:44から【Sub住まいと投資ちゃんねる|生放送スタジオ&書庫】

「米国株」に関する最新情報です。

YouTubeの「同時通訳【ライブ】パウエル議長FOMC記者会見 日本語同時超訳【12/15米国市場ライブ】生放送)日本一早い米国株市場概況|特別編|朝4:15ごろから開始 本編は16:44から」という動画をご紹介します。

関連商品、ニュース、トピックの情報もご活用ください。

スポンサーリンク

同時通訳【ライブ】パウエル議長FOMC記者会見 日本語同時超訳【12/15米国市場ライブ】生放送)日本一早い米国株市場概況|特別編|朝4:15ごろから開始 本編は16:44からの動画

投稿者:Sub住まいと投資ちゃんねる|生放送スタジオ&書庫

説明:チャプター数: 2

説明全文

0:00 準備中
16:44 パウエル議長記者会見同時通訳

パウエル議長記者会見全文
——————————————-
こんにちは。本日の会合の詳細に入る前に、米国民のために、我々は高いインフレが引き起こしている苦難を理解しており、年内にインフレ率を2%の目標まで引き下げることに強くコミットしていること、我々は金融政策のスタンスを強化するために力強い行動をとってきたことを強調しておきたい。これまでの急速な引き締めの効果はまだ現れていません。それでも、私たちにはまだやるべきことがあります。物価の安定は連邦準備制度の責務であり、経済の根幹を成すものです。価格の安定がなければ、経済は誰のためにも機能しない。特に価格の安定がなければ、すべての人に恩恵をもたらす強力な労働市場の状況を持続的に実現することはできない。本日、FOMCは政策金利を半ポイント引き上げました。我々は、インフレ率を長期的に2%に戻すために、十分に制約的な金融政策スタンスを達成するために、継続的な引き上げが適切であると引き続き考えています。さらに、物価の安定を図るためには、しばらくの間、制限的な政策スタンスを維持する必要があると思われるため、バランスシートの規模を大幅に縮小するプロセスを続けています。本日の金融政策措置については、経済情勢を簡単に振り返った後、さらに詳しくお話ししたいと思います。米国経済は、昨年の急速なペースから大きく減速しています。

前四半期の実質GDPは2.9%のペースで増加したものの のペースで増加していますが、今年に入ってからの3四半期はほぼ横ばいです。個人消費は、実質可処分所得の減少や金融引き締めを反映して、昨年から急ピッチで減速しています。経済予測の概要に示したように、今年と来年の実質GDP成長率の予測中央値はわずか0.5%で、長期的な正常成長率の予測中央値を大きく下回っています。成長率の鈍化にもかかわらず、労働市場は極めて厳しい状況が続いています。失業率は50年来の低水準にあり、求人倍率は依然として非常に高く、賃金上昇率も高い水準にあります。雇用の増加は堅調で、過去3ヶ月の雇用は月平均27万2,000人増加しました。求人倍率は最高値を下回り、雇用増加のペースも今年初めより鈍化していますが。労働市場は、需要が労働力の供給を大幅に上回り、引き続きバランスを欠いている。労働力率は年初からほとんど変化なし FOMC参加者は、労働市場の需給状況が時間の経過とともにより良く均衡し、賃金・給料・物価への上昇圧力が緩和されると予想している。SCPの失業率予測の中央値は来年末に4.6%に上昇。インフレ率は長期的な目標である2%を大幅に上回る水準にとどまっている。10月までの12ヶ月間、PCE価格は6%上昇しました。変動の激しい食品とエネルギーのカテゴリーを除いたコアPCE価格は5%上昇しました。11月の消費者物価指数(CPI)の12ヶ月間の変動率は7.1%、コアCPIの変動率は6%でした。10月と11月のインフレ率データは、毎月の物価上昇ペースが減少していることを歓迎している。しかし、インフレ率が持続的に低下していることを確信するには、さらに多くの証拠が必要です。ロシアの対ウクライナ戦争は、エネルギーと食料の価格を押し上げ、インフレ率の上昇圧力に寄与している。PCE総インフレ率のSCP予測の中央値は、今年5.6%、来年3.1%、2024年2.5%、2025年2.1%に低下する。参加者は引き続き、インフレに対するリスクは上振れに待っていると見ている。インフレ率の上昇にもかかわらず、長期的なインフレ期待は、家計、企業、予測担当者に対する広範な調査や、金融市場の測定値に反映されているように、依然として十分に固定されているように見える。しかし、それは自己満足の根拠にはならない。現在の高インフレが長引けば長引くほど、インフレ期待が定着する可能性は高くなる。FRB の金融政策措置は、米国民のために最大限の雇用と安定した物価を促進するという我々の使命に導かれている。私の同僚と私は、高いインフレは購買力を低下させ、特に食料、住宅、交通といった必需品のコスト上昇に対応できない人々にとって大きな苦難をもたらすことを痛感している。我々は、高インフレが我々の任務の両面にもたらすリスクに強く留意しており、インフレ率を目標値の2%に戻すことに強くコミットしている。本日の会合で、委員会は連邦資金金利の目標レンジを半ポイント引き上げ、目標レンジを4.4%から4.5%にした。

そして、バランスシートの規模を大幅に縮小するプロセスを継続しています。本日の措置により、我々は今年4.4%ポイントの金利引き上げを実施した。我々は、インフレ率を長期的に2%に戻すために十分に抑制的な金融政策スタンスを達成するために、連邦預金金利の目標レンジを継続的に引き上げることが適切であると引き続き考えている。しかし、長期的には、インフレ率を2%に戻すために実施している政策的な抑制を反映させることが重要なのです。住宅など最も金利の影響を受けやすいセクターの需要に効果が出てきています。しかし、金融抑制の効果が完全に現れるには、特にインフレ率については時間がかかると思われます。金融引き締めの累積と、金融政策が経済活動やインフレに影響を与えるタイムラグを考慮し、当委員会は2012年1月1日から3月31日まで利上げを実施することを決定した。委員会は、過去4回の会合で見られた75bpのペースから一転して、本日50bpの利上げを決定した。もちろん、50bpは歴史的な大幅利上げであり、まだ道半ばである。SCPに示されるように、来年末の連邦資金金利の適切な水準に関する予測の中央値は5.1%であり、9月の予測より半ポイント高い。2024年末は4.1%、2025年末は3.1%と中央値で予測されている。まだ、長期的な値の予測の中央値を上回っている。もちろん、これらの予測は委員会の決定や計画を表すものではなく、1年以上先の経済状況を確実に知っている人はいない。私たちの決定は、入ってくるデータの全体像と、経済活動やインフレの見通しへの影響に左右されます。そして、我々は、会合ごとに意思決定を行い、我々の考えをできる限り明確に伝え続けていくつもりです。我々は、需要と供給がより良く一致するよう、需要を抑制するための強力な手段を講じている。我々の包括的な焦点は、我々の手段を用いてインフレ率を2%の目標に戻し、長期的なインフレ期待を十分に安定させることである。インフレ率の低下には、トレンドを下回る成長率の持続と、労働市場の軟化が必要と思われます。物価の安定を取り戻すことは、長期的に最大限の雇用と安定した物価を達成するための舞台を整えるために不可欠である。この歴史的な記録は、早まった政策緩和を強く戒めている。我々は、仕事が完了するまで、その方針を維持する。最後に、私たちは、私たちの行動が全国の地域社会、家庭、企業に影響を与えることを理解しています。われわれの行動はすべて、公的使命に奉仕するものである。我々FRBは、最大限の雇用と物価安定の目標を達成するために、できる限りのことを行う。ありがとうございました。ご質問をお待ちしています。

今回も、FOMCパウエル議長記者会見の同時超訳行います。
■FOMCの結果の見どころ聞きどころ
・上昇幅は+0.5%になるのか?
・今後の利上げペースは?
・最終金利は?
・賃金上昇のペースについてどのように考えているのか?
・インフレについては?
などなど。

火曜日から土曜日の朝5時15分(米国市場が閉まる45分前)から米国株の市況についてお届けしています(米国市場の開催日に毎日行っています)。終わる時間は5時45分を予定していますので、続けてモーニングサテライトがじっくり見られます☆彡

■式次第
・今朝の米国市況ヘッドライン
 最新の経済情勢、要人発言をホワイトボードで解説
・市場概況
 指数、為替、金利、原油、先物を解説
・最新市況ニュース、専門家による最新解説の紹介
 市況の今後を予測する専門家コラムなどのエッセンスを紹介して解説
・個別株価の解説
 その日ニュースになった米国株銘柄をチャートで確認しながら解説
・視聴者様のコメントなど

※生放送の最初の準備中の部分をカットして再構成しています。
動画の案内はnoteとtwitterに載せます。
https://note.com/sumaitotoushi/
https://twitter.com/ZKj3aQR1ZFdmdDy
———————————————————————————————

※タイアップ、企業案件は視聴者様の興味・判断に役立つ方法で動画の企画として取材をお受けできるときがあります。
例)商材を紹介してほしい→商材の説明や打ち合わせの様子を動画で公開する企画

■関連動画
———————————————————————————————

■チャンネルのご案内
———————————————————————————————
メインのチャンネルではJリートや不動産投資、日本の今後を占うのに役立つ韓国経済など中心にお伝えしています。
https://www.youtube.com/channel/UCTti…

メンバーシップ動画は毎月コーヒー一杯ほどの金額で、Jリートの個別銘柄の動きや最新の不動産市況、米国株の今後に役立つマクロ経済の分析をお届けしています。
https://www.youtube.com/playlist?list…

第3チャンネルは趣味で作っている動画を載せています(予定)。
https://www.youtube.com/channel/UCNu9…
#米国株速報
#市場速報

■MATERIALS
———————————————————————————————
BGM – MusMus

米国株の関連商品

米国株の関連ニュース

米国株、CPI伸び鈍化で年末ラリーへ期待高まる (ロイター)
米株式市場で年末に向けての相場上昇期待が高まっている。13日に発表された11月消費者物価指数(CPI)の伸びが予想を下回り、市場心理が改善…

米国株の先行き、報われるのは忍耐強い投資家か (ウォール・ストリート・ジャーナル)
弱気相場には、警告ではなく買い場のシグナルとなり得る共通のテーマがある。

【米国市況】株反落、利上げ減速もパウエル議長はタカ派姿勢示す (Bloomberg)
14日の米金融市場は米連邦公開市場委員会(FOMC)の政策決定とパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長の記者会見を受けて、荒い値動きとなっ…

(朝)米国市場は大幅反発 ダウ平均は528ドル高で高値引け 日本市場は米国株高で上昇か (マネクリ)
【米国株式市場】ニューヨーク市場NYダウ: 34005.04 △528.58 (12/12)NASDAQ: 11143.74 △139.12
(12/12)1.概況米国市場は13日の11月の米消費者…

今日の株式見通し-軟調か FOMCを受けて米国株は下落 利上げ幅は0.5% (Yahoo!ファイナンス)
東京市場は軟調か。米国株は下落。ダウ平均は142ドル安の33966ドルで取引を終えた。中盤までは堅調に推移していたが、FOMCの結果発表後に値を崩した。

ボーイングが4日続伸 大型受注が相次ぐ=米国株個別 (みんかぶFX)
ボーイング<BA>が4日続伸しており、ダウ平均をサポートしている。前日はインド航空からの大型受注が伝わっていたが、きょうもユナイテッド…

米国株式市場=反発、ダウ528ドル高 CPIとFOMC注視 (ロイター)
米国株式市場はマイクロソフトやファイザーなどの上昇を支援材料に反発し、主要株価3指数は11月30日以来の大幅な上昇率となった。

米国株高を背景に買い先行も米CPIを前に次第に模様眺めムードが強まる【クロージング】 | 市況 – 株探ニュース (株探(かぶたん))

東証続伸、終値は2万8156円 米国株上昇の流れ引き継ぐ(共同通信)|熊本日日新聞社 (熊本日日新聞社)

東京株式(前引け)=186円高、米国株上昇を受け堅調推移 | 市況 – 株探ニュース (株探(かぶたん))

米国株の関連トピック、キーワード

米国株の関連トピックを調べた結果、「アメリカ メキシコ・ペソ NYSEARCA:VYM テスラ Iシェアーズ sbi マネー・マーケット・ファンド オプション取引 税金 積立」が見つかりました。これらのキーワードを含めた検索で情報を探してみてください。

タイトルとURLをコピーしました